chise labo

実験に次ぐ、実験。私のシコウ実験場。

もしも、飲み屋を開くなら

お題「日本酒」

 

今は飲む機会が減っていますが、出産前は日本酒をよく飲んでいました。

そして、時々考えていました。

もしも自分で飲み屋を開くとしたら、どんなお酒を並べようか、と。

本日はそんな観点で選んだ日本酒とリキュールをご紹介したいと思います。

f:id:chiselabo:20171116235114j:plain

 

日本酒

勝駒(富山:清都酒造場)

マイフェイバリット日本酒。飲みやすくておいしいお酒です。

私が富山にいた時には手に入りやすくて手頃なお酒、という印象だったのですが、今や地元でも買えないというほどの幻のお酒に…。富山出身者に「親戚のコネでもない限り買えない…」と言われた日には思わず震えました。

http://www.e-kamada.com/sake/kachikoma/kachikoma_index_1.html

森乃菊川(宮城:森民酒造本家)

仙台の地酒です。飲み口がすっきりとしているので、いくらでも飲めてしまう通称:これあかんタイプのやーつ(※あくまでも個人の見解です)。特筆すべきは本醸造辛口原酒が1000円ということでしょうか。コストパフォーマンス最高だと思います。

http://moritami.jp/products/index.html

泉氷鑑(山形:新藤酒造店)

雅山流のほうが有名な蔵元かもしれないですが、私の推しはこちらの泉氷鑑です。こちらもすっきりとして飲みやすいと思います。先ほどから『すっきりとした~』を多用していると我ながら思っているのですが、好みがそうなんだと思います。

http://www.ee26.com/ryokan_red_txt/izumihyokan.html

リキュール

超濃厚ヨーグルト酒(宮城:新澤酒造店)

はじめて飲んだ時に衝撃的だったこちらのリキュール。名前に偽りなしの濃さです。飲みやすいのでどんどん飲んでしまうのですが、それなりに強いので酔いが回ります。

http://aiharasaketen.com/shop/detail.html?1352884702

子宝シリーズ(山形:楯の川酒造)

”食べる”フルーツリキュール、とあるようにフルーツ感たっぷりのリキュールです。種類も豊富で嬉しいです。ラフランスがやっぱり定番かと思いますが、私は番外編のゆずが好きです。ロックで飲むのが好きです。今、改めて見て和梨もとても気になります。

http://www.tatenokawa.jp/ja/kodakara/products/

 

前段にありましたように、自分で飲み屋を開くなら並べてみたいお酒を集めてみました。書き進めていくうちに飲みたくなってしまって、誰よりも自分への訴求効果が強いな、と思ってしまいました。実際、これらのお酒を一度に飲めるなら本当に嬉しいと思います。

 

最近は、ワインも飲むようになったので機会があればそちらも記事にできたらと思います。

 

それでは、本日はこの辺りで失礼いたします。

お時間をいただきありがとうございました。