chise labo

実験に次ぐ、実験。私のシコウ実験場。

乾燥対策、まったなし

寝起きの喉の状態で空気清浄機のタンクの水切れを察知できるようになりました(活かし難いスキル)。冷え込みも厳しくなり、乾燥対策に本腰を入れる時期になってきました。

f:id:chiselabo:20171209005335j:plain

 

 

そもそもなぜ冬に乾燥するのか?

www.shend-trend.com

こちらでわかりやすく解説されています。

・冬はもともと空気自体が水分を含みにくいので乾燥する

・季節風の影響(主に太平洋側)

→確かに太平洋側の方が乾燥しているイメージがあります。日本海側にも太平洋側にも暮らしたことがありますが、日本海側に住み始めた頃、冬の肌荒れ(特に顔)が和らいで不思議に思った記憶があります。

・暖房の使用

冬は乾燥する要素が他の季節よりも多いということですね。

理想的な湿度

40%~60%が理想とのことです。

40%を切るとウィルスに注意が必要、60%を越えるとカビや結露に注意が必要。

特にこれからの時期はインフルエンザの流行が気になりますし、病気の予防も含めて快適な湿度に保つ必要があるわけですが、今朝、寝起きに喉の痛みを覚え、タンクの水が切れてるなぁと思いながら、空気清浄機の表示を確認すると35%くらい、帰宅直後に表示を確認すると28%…。

就寝時や外出の際はエアコンを使ってないのに、低過ぎない…?と思って調べてみると、どうやら24時間換気が関係しているようです。

24時間換気は止めることはできないので、当面は就寝前に空気清浄機の水を足すことで少なくとも就寝中の水切れを防止したいと思います。

観葉植物を導入すると、タンクの水が減る速度が緩やかになったという事例も見かけたので、そちらも検討したいと思います。

※対策を含めてこちらの記事が大変参考になりました。

https://suzuran-cosme.com/%E4%BF%9D%E6%B9%BF/page117.html

乾燥肌対策

環境面は空気清浄機に頑張ってもらっていますが、冬の悩みといえば乾燥肌。乾燥肌対策にクリームによる保湿を心がけています。

ハンドクリーム

今年は例年に比べて手荒れが酷く水仕事をしていると沁みるようになってしまったので、早急に買い足しました。まめに塗るようにして、今では手の状態は改善しましたが、こまめなケアは本当に大事だな、と痛感しています。

ヴェレダのハンドクリームはいくつか種類がありますが、香りが気に入っているこちらを使用しています。日に何度か塗るのでお気に入りのものを使用すると気持ちが上がります。

ボディケア 

手以上に乾燥が強く出るのが足のすねなのですが、お風呂上がりにボディクリームを塗ることで対処しています。

個人的にはちみつ関連の商品には絶大な信頼を寄せているのですが、こちらのクリームは妊娠線予防に使い始めたのをきっかけに毎冬、お世話になっています。

子どもの保湿

子どもの保湿は朝の着替えの時とお風呂上りに実施しています。最近は子どもが快・不快を表現するようになり、保湿クリームを嫌がるようになってきました。今時期は寒いのでちょっとひんやりとした感触が嫌なのかもしれません。が、『君のもちもち肌を守るためだ!』という気持ちで心を鬼にしながら塗布しています。

最近、子どもの保湿クリームをこちらに変えました。

以前もピジョンのクリームを使用していましたが、こちらのほうが心持ちしっとりした感触です。以前使用していたものはクリームが手の中でつるっと滑っていたのですが、今使用しているものはあまり滑らないです(体感)。

 

今後、ますます寒くなり、乾燥も強くなってくると思いますが、

・湿度を適切に保つ(空気清浄機に頑張ってもらう)

・乾燥肌対策として保湿をしっかり行う

以上、2点を念頭に冬を乗り切っていきたいと思います。

 

それでは、本日はこの辺りで失礼いたします。

お時間をいただきありがとうございました。